ダイエットのため食事制限しすぎた結果…摂食障害になった体験記

★ダイエットの始まり

高校生活MAXデブ期を過ごした私は、社会人になり介護の仕事に就きました。職場の先輩方はみんなきれいでスタイルの良い方ばかりでした。それが高校から痩せたい痩せたいと口ばっかりだった私に火をつけました。介護はかなり体力を使うので運動面はさほど気にしませんでした。休みの日にはサウナや岩盤浴に行きました。そして一番気を使ったのが食事でした。朝は基本的に食べない生活をしており、昼はおにぎり二つ、夜は普通に食べるという生活をしていました。ダイエットを初めてからは食べる量が減るにつれて体重も減るため嬉しくてたまりませんでした。痩せれば痩せるほど骨が浮き出てきてその体が美しいと感じました。

 

☆摂食障害の始まり

それからもどんどんと食べる量が減っていき、朝食なし、昼食パックの野菜ジュースか豆乳のみ、夕飯は炭水化物抜きのおかずのみの生活を送っていました。仕事では多少ふらついたりしていたものの体重が減ることの喜びの方が大きかったので、辞めようとは思いませんでした。1日の食事の夕飯さえ体重が増えるんではないかと思うようになりました。そのうち、食べたい欲が抑えられない日があり今までにないくらい食べ物にがっつきました。そしてそれを吐くようになりました。過食嘔吐の始まりでした。少しの飲み物でさえ太るんではないかと怖くて怖くて吐き出していました。ダイエットを始めて2ヶ月で12キロ痩せていました。周りからも心配されましたがその時の私には、自分が痩せすぎているという自覚がありませんでした。まだまだ痩せられると思い続けていました。少しでも体内の水分を減らして体重を落とそうとサウナに3時間いたこともあります。そのあとでも水分は極力摂らないようにしたりと今思えば、よく生きていたなと思います。
☆摂食障害から抜け出せたきっかけ
摂食障害から抜け出せたきっかけとなったのは新しい命が宿ったことでした。当時付き合っていた彼との赤ちゃんが出来ました。それをきっかけに、こんな生活続けていたらお腹の子が生きられない、お腹の子を元気に生むためにと、ご飯も普通に3食食べるようになりました。検診も異常なく妊娠中は少し多めの14キロも増えました。そして今年の3月に無事に元気な男の子を出産することが出来ました。現在は完全母乳で育てているため食事も栄養バランスを考えしっかりと食べていますが、9キロ痩せることができました。来年には結婚式を控えているのでこのまま規則正しいダイエットで理想の体型を目指したいです。