つらい食事制限は皆したくないよね?リバウンドなしのダイエット

食事制限のダイエットは辛いと感じることも多いですね、食事習慣を見直してダイエットしていることをあまり感じずに痩せることができたら最高です。
今回はちょっとした食事制限ダイエットの積み重ねで長期戦で痩せる方法を書きたいと思います。

 

1.炭水化物は少なめにしましょう
ダイエットの敵は糖質ですね、ご飯茶碗一杯の糖質は砂糖に換算すると14〜16個といいますので、なるべくご飯はおかわりなしで特に夜ご飯はいつもより少なめにとるようにしましょう。

 

2.順番ダイエット
食事をする時は何から先に食べるとよいのでしょうか?まず野菜、胃を温めて消化を促すスープ、肉や魚です。なるべくご飯は一番最後に食べましょう。いつもと同じものを食べても、食べる順番だけ変えればよいので、ぜひお試ししてください。

 

3.寝る3時間前は食べ物を口にしない
寝る前に食事をすると太る原因になります。自分で時間を決めて食事をとらないようにしましょう。

 

4.おやつ
おやつはどうしても食べたくなってしまうので、カロリーや糖質を抑えたものを食べましょう。
低糖質の果物やナッツ、ヨーグルト、ゼリー、チーズなどがおすすめです。
一度にたくさん食べるのではなく、少しづつ食べることは意識してください。

 

5.ただよくかんで食べること
良くかんで食べる、ただそれだけですが習慣化することはなかなか難しいのです。初めは多少ゆっくり噛むことを意識すると少しづつ噛む回数が増えていきます。同じものを食べれるのにダイエットになるのでぜひ実践してください。

 

6.飲み物
のどが渇いたとき何を飲んでますか?コーヒーに砂糖を入れたりジュースを飲んだりするとそれだけでカロリーを稼いでしまいます。
まずは今までの半分の量に減らしましょう。一日2杯ジュースを飲んでいたら1杯にしましょう。

 

7.食物繊維を取ろう
食物繊維が多いもので自分の食生活に合ったものを毎日取る習慣をつける、おすすめは寒天やもち麦です。寒天は細かくなっているものがあるのでご飯に混ぜて炊けばツヤも出ておいしいです。もち麦もお米に混ぜて炊けば糖質も制限でき一石二鳥になります。

 

8.一日食べたものをノートに書きだす
これ少しめんどくさいかもしれませんが、ノートに書くことによって自分の食生活がどのようになっているかが客観的にわかります。意外に多くのものを食べて、偏っているかがはっきり把握できますので、食生活の改善に役に立ち食事制限という概念がなく自然に食事制限することになります。

 

このように毎日コツコツ続けていつかその食生活が自然と身につけばリバウンドなしのダイエットができます。